当事者会


18歳以上の【自称】ギフテッド/タレンティド/HSPの方を対象とした当事者会。語り​場。研究場。

<開催日時>毎月第4土曜日17時半~20時
<場所>オンライン(zoom)
<参加人数>8名程度 
<参加費>500円

~プログラム内容~
・開室17:15
・メインセッション17:30~20:00
・フリートーク20:00~20:15

★下記2つのプログラムを交互に開催しております。

ー1ー っぱなし会

話したい!聞きたい!方向けのプログラム

毎回設定するテーマについてみなさんとお話をします。

質問などで深堀はせず、あえて「話すだけ」「聞くだけ」を行います。

一人で抱えていることや、誰かに聞いてほしかったけれどなかなか話せなかったことを共有したり、

他の参加者さんのお話を聞いたりしながら、自分と向き合う場です。

ー2ー 哲学対話

毎回設定するテーマについて深く対話を行います。

「〇〇ってどういうことなのか?」「〇〇には意味があるのか?」など、日常に転がっている様々な問いについて参加者全員で考えていきます。

深く考えることが好きな方、普段一人では考えることがないけれども考えてみたい方におススメです。

ーその他ー

対面での会も検討中。

<活動の視点>

◇当事者研究
当事者研究とは、仲間との対話を通して自分自身の問題と向き合う自分研究のこと。
そのなかで
①自己を再定義する
②人とのつながりを回復する 
ことを目指します。

1人では向き合いたくない自身のことも、仲間とならちょっと楽に向き合えるかもしれません。
また、他者から新たな視点も得られるかもしれません。 

●​メンター家庭教師(準備中)


ギフテッド/タレンティド/HSPと思われる小中高生を対象とした学習支援

~大切にすること~
★学びの中で「みる」「知る」「工夫」
「みる」:自分自身を俯瞰的に捉えられるようになることを目指します。
「知る」:自分自身がどのような特性や性格を持っているのかを理解していくことを目指します。
「工夫」:自分自身をどう生かしていくことができるのか考えます。

①学びの時間
勉強を通して、「自分を知る」ことを目指します。

<対象>小中高校生
<指導可能科目>国数理英社、小論文、その他要相談
<料金>3,000円/1時間
<日時>要相談​
<場所>オンライン

②面談
月に1度、指導者と生徒の二人で実施します。
自身の学び方や学びの進め方についての検討や、今後の計画、現在の悩みや問題についてお話をします。

<料金>2,000円/40分
<日時>要相談
​<場所>オンライン

①のみの受講は受け付けておりません。
「①+②」または「②のみ」の契約をさせていただいております。

その他、毎月の経費(教材準備/フィールドワーク資料作成等)として2000円を頂戴いたしております。

その他詳細につきましては、お問い合わせください。

●ボードゲームの会(準備中)

​小中高校生を対象としたボードゲーム交流会
参加申込者年齢や人数を考慮し、ボードゲームの種類を決定します。

​​哲学カフェ(準備中)

​小中高校生を対象とした哲学対話の場
普段の生活の中で、なんとなく当たり前とされていることについて問い直していく場です。
答えは出ないかもしれません。
(むしろ出ないことがほとんどでしょう。)
​答えを探し求めるプロセスを楽しむ場です。